HOME > 取扱い業務 > 企業法務

企業法務

よくある企業からのご相談

  • 代金の支払い、商品の引き渡し方法、代金の支払い時期に関する問題を解決したい。

「納品された商品に不備があって、代金を支払いたくない」など、代金の支払いに関する問題、商品の引き渡し方法、代金の支払い時期など、さまざまな問題のご相談が寄せられます。

顧問弁護士へ依頼するメリット

顧問弁護士を依頼するメリット

顧問弁護士の業務は、予防と対処の2つの側面があります。
一般的には、契約交渉における法的立場からの助言、契約書の作成など、会社内外のトラブルを未然に防ぐために法的な対策を講じます。

また、売掛金の回収や債務不履行、他社から訴えられてしまったなどトラブルが生じてしまった際も、顧問弁護士が対応に当ります。
企業間のトラブルでは、法律的な利益を主張するだけでなく、どうしたらこれからの企業活動に有利になるか、企業としての利益はどちらにあるのかを客観的に勘案した上で、最も有利となる方法で対処していきます。
近年、労務問題やコンプライアンス等についてのご相談のニーズも増えています。また、経営者だけでなく、従業員が交通事故などの個人的なトラブルのご相談をお受けすることも可能です。

もちろん、発生した案件に応じてご相談を承ることは可能です。しかし、あらかじめ事業内容や流れ、前後の事情など、企業活動全般を知っていないと、内容確認に手間取ったり、対応に時間がかかったりして、大切なタイミングを逃してしまうこともあります。
いつ何が起きてもすぐに対応できること、より確かな信頼関係を築くことができることなどのメリットがあります。

契約書確認・作成について

契約書確認・作成について

最近では契約書のひな形やフォームは、ネットからダウンロードして使用することができます。一見、わざわざ専門家に依頼しなくても間に合ってしまいそうですが、現実はそう簡単にはいきません。
実際に行なっている業務や取引に必要な事項は、それぞれの会社で違います。
私たち弁護士は可能性のあるトラブルを予想し、「訴訟になったときでも勝てるか」という視点から文書を点検します。大切な条項が漏れていたために、不利益を被ることがないように、必要な条項が全部入っているのか、こまかいところまで検証していきます。