事務所ブログ

2015年8月28日 金曜日

婚前契約のすすめ

東京都文京区で弁護士をしている野口眞寿です。

先日、あるところでセミナーをやらせていただきました。



婚前契約についてです。

ちょっとは聞いたことがあるという方もいるかもしれません。
ただ、どういうものなのかというと、ほとんどの方が明確なイメージを持っていないと思います。

いい印象を持っていない人もいるかもしれません。

愛と希望に満ちている結婚について契約というとなにか合理的に割り切るように扱われてしまう気がするという感覚もわからないではありません。

でも、結婚は夢や希望だけではありません。辛いこと、逃げたいこと、お金のこと、現実的なあれこれが必ず付きまとってきます。
まったく他人だった二人の人間が一緒に暮らすようになるのです。
いろいろ違って当然です。

大切なのは婚前契約そのものではありません。
婚前契約の内容を決めるために二人で話し合うことが最も大事なことです。話し合うことによって、相手の考えがわかり、考えの違いを認めることができるようになります。
価値観の違う二人がその価値観の違いを認め合って生活していく。
婚前契約にはそんな前向きな意味があるのです。

と、いうようなことを語らせていただきました。

参加していただいた方からの反響はとてもよく、多くの方が婚前契約を結ぶことを選択肢として考えていただけるようになりました。
実際に婚前契約を結ぶ、と決められた方もいました。

当事務所では、そうした婚前契約の作成に関する相談も受け付けています。

投稿者 初雁総合法律事務所 | 記事URL

2015年8月 7日 金曜日

事故と法律セミナー

東京都文京区で弁護士をしている野口眞寿です。

先日、弁護士保険Mikataを提供しているプリベント少額短期保険さんと共同で2時間程度のセミナーを開催させていただきました。

労災や交通事故などの実際にあったケースをもとに、損害賠償のルールなどについて簡単に説明させていただきました。

損害賠償について、裁判所は「差額説」という考え方を取っています。
債務不履行・不法行為がなかった場合の被害者の財産状態と、債務不履行・不法行為があった場合の被害者の財産状態との差額を損害とする考え方です。
こうして損害額が計算されたのち、被害者側の過失を考慮して過失相殺がなされることになります。

立場が違えば計算の仕方も変わってきます。
セミナーでもご紹介させていただきましたが、落下事故において相手が支払額2000万円を提示してきたものを最終的に6000万円で合意させることができたのは、計算にどの数字を使うかという考え方の違いによるものです。

12名の方に参加していただきまして、アンケートの結果によればすべての方に「非常に満足」「満足」の項目を選んでいただけました。「非常に満足」との項目を選んでいただけた方は半分の6名にものぼっています。
また、「非常に分かりやすかったです」と個別にメールで感想を送っていただいた方もおりました。

実はこの感想はとてもうれしいものです。
私は普段の法律相談や裁判の打ち合わせの際も、いかに難しい法律論をご本人に理解していただくかを最も気を付けています。
法律というのは、難しい言葉で煙に巻いて結果だけを「そういうものなんだ」と押し付けることもできてしまいます。しかし、そのように押し付けられた法律論では、ご本人が結論に納得することはできないと考えています。
だからこそ、分かりやすい言葉や例えを使ってしっかりと考え方を理解していただくようにしています。法律の規定は、すべて理由があって定められています。したがって、その理由からきちんと説明していけば、ちゃんとご納得いただけるのです。

セミナーだと、全員が理解するまで何度も言い換えたり説明を追加することは難しいという側面があります。
セミナーで分かりやすく伝えるというのは、対面で分かりやすく伝えることよりも難しいのです。

これからも分かりやすい説明を心がけようと思った日となりました。

投稿者 初雁総合法律事務所 | 記事URL

相続相談ガイドに掲載されました
アクセス


大きな地図で見る

〒112-0003
東京都文京区春日2-10-19ライオンズマンション小石川第2 702号

お問い合わせ 詳しくはこちら