事務所ブログ

2016年3月11日 金曜日

正当な解雇とは

東京都文京区で弁護士をしている野口眞寿です。

スギ花粉シーズン真っ盛りですね。
私も花粉症で、この季節はマスクと薬が手放せません。毎年「日本中の杉を切り倒したい」「この時期なら正当防衛が成立するんじゃないか」なんてことを言っています。

正当防衛、ならないでしょうけどね。

さて、当事務所は民事事件を中心に取り扱っており、男女の問題はもちろん、残業代や不当解雇についても相談を承っています。

日本の法制度において、解雇というのは自由にできるものではありません。
たとえば、何度も遅刻して生放送に穴をあけたアナウンサーについて、解雇を無効とした裁判例があります。
解雇は客観的で合理的な理由があり、社会的に相当と認められる理由がなければ認められません。解雇が労働者の生活の基礎を奪う厳しい処分であることから、非常にハードルが高いのです。

そうした高いハードルを越えるために、会社側もなんとか労働者に退職を合意させようと様々な手を講じてきます。
異動や説得、退職勧奨などあらゆる手を尽くしてくるのです。いわゆる「やめさせ部屋」もこのひとつです。
もちろん、退職に追い込むためにそのようなことをすることは違法です。

心当たりのある方は、いつでもご相談ください!

投稿者 初雁総合法律事務所

相続相談ガイドに掲載されました
アクセス


大きな地図で見る

〒112-0003
東京都文京区春日2-10-19ライオンズマンション小石川第2 702号

お問い合わせ 詳しくはこちら